システムの特徴 / フローチャート
システムの特徴
業務プロセスのコア部分をサポート
受発注、売上売掛、仕入買掛、在庫棚卸、統計管理など企業の業務プロセスのコア部分をサポート。さまざまな業種業態にもきめ細かく対応します。
2段がまえの強力なカスタマイズ機能
パラメータカスタマイズ、プログラムカスタマイズで、導入時のジャストフィットはもちろん、将来の業務手続の変更や業務量の増大にも柔軟に対応できます。
ぺーパレス化を推進
出力帳票にはプレビュー機能を標準搭載。プレビュー画面上でのキーの検索。呼出しにより必要なページをダイレクトに表示できます。
データの二次加工・有効活用を推進
主要なトランザクションやサマリファイルに、Excel連携のプログラムを標準で用意、エンドユーザーコンピューティングを強力に支援します。
システムの検討から稼働まで
導入検討からシステム運用・保守に至るまで各段階に応じたユースウェアメニューを用意。専門スタッフが必要に応じて強力に支援します。
各社の管理ポイントに応じたセグメント情報
部門別の管理を基本に得意先、商品、仕入先などには、更に3セグメントまで任意に抽出設定が可能です。各社各様の管理ポイントに基づく資料を提供します。
本格的な部門別利益管理
棚卸情報に基づく売上原価、売上総利益が部門別に把握できます。もちろん棚卸資産の評価替え計算もサポートしています。また、販管費をセットすることで営業利益段階まで確認可能です。
業務を知り尽くした操作性
複数倉庫一覧表示など、一画面に入りきれない情報も、縦横スクロールの採用で解決。また、残高一覧表から元帳、原始伝票に遡るドリルダウン機能も可能にしました。
高い信頼性、万一の障害も安心
きめ細かな利用権限が設定可能、データの不正使用を防ぎます。また、簡単にバックアップやファイル復旧もでき、システム管理者の負荷を軽減します。
WANによる全社一元管理
本社にデータベースを配置しWANを構築することにより本社での全社の販売状況を一元管理することが可能です。また、夜間にバックアップを支店に分散することで万が一の災害からもデータを守ることが出来ます。
 
フローチャート

様々な角度からの在庫確認機能を保有し、問合せ・統計の両面から在庫情報を提供します。